株式会社 精田建鉄
事業概要
 明治41年創業以来、100年以上にわたり、鋼板を軸に培ってきた高い技術力と品質で、屋根材・外装材をトータルに取り扱うことにより、社会の多様化するニーズにお応えしてきました。鋼板は、強度や耐久性に優れ、循環型社会に寄与するもので、自社にて成型から配送までを一貫して行っています。
 アルミやステンレスなどの非鉄金属も取り扱っており、その加工機械やIoTシステムも含めた省力・時短等、効率化の提案を行っております。また、工事体制も確立しており、お客様の幅広いご要望にお応えしています。
事業所住所
富山県富山市問屋町三丁目3番2号
地域
富山市
業種
卸売業・小売業
主な取組内容
<富山県SDGs宣言>
当社(団体)の取組み
 当社の理念は「仕事を通じて世の中の役に立つ」ことです。
 様々な建築資材をお客様のニーズに合わせてお届けする当社の「仕事」には、環境への配慮や気候変動への対応等も大切な要素です。さらに、お客様と共に成長し、社員がより生き生きと働ける環境を整えることを目指します。当社の理念は、持続可能なより良い社会を目指すSDGsに貢献するものであると考えます。 
SDGsに向けた目標と取組み1
目標
建築物の耐久性の向上で災害に強いまちづくりに資する
主な取組み
・強度や耐久性に優れた屋根材・外装材の普及を図る。
・断熱性や遮音性など生活環境に配慮したの製品を販売、施工する。
・硬質発砲ウレタン樹脂を用いる工法で、地盤沈下から建物を守り安全を確保する。
SDGsに向けた目標と取組み2
目標
従業員全員が、健康で、働きがいを感じる職場環境を整える
主な取組み
・全ての従業員が健康診断を受診する。とやま健康企業宣言Step1に取組中である。
・各種ハラスメントに対し、相談窓口担当者の配置とその周知を徹底する。
・毎週1回のノー残業デーの設定や、有給休暇の積極的取得を推進する。
SDGsに向けた目標と取組み3
目標
環境を守り、脱炭素社会実現に貢献する
主な取組み
・生産工程で発生する金属等は、回収・再利用を徹底し、廃棄物を削減する。
・ペーパーレス化を進め、環境に配慮した用紙を使用する。
・社内の照明を省エネ型へ切り替え、太陽光発電パネルを設置する。