株式会社 宮木建設
事業概要
昭和59年の創業以来、宮木建設は、土木工事を通じて、自然豊かな砺波平野において地域のインフラを整備する事業を営んできました。2019年に新社長に交代し、今後も、災害に強い国土作りに向けて、社員一丸となって取り組んでいます。新規事業にも取り組み、若者が、継続して活躍できる経営基盤を構築しています。
事業所住所
富山県砺波市五郎丸1060-3
地域
砺波市
業種
建設業
主な取組内容
<富山県SDGs宣言>
当社(団体)の取組み
地域におけるインフラ整備の役割を認識し、災害に強い地域づくり、環境へ配慮した施工、海外ボランティア、若者の積極的な採用を通じて、地域に必要とされる永続的な企業を目指しています。
SDGsに向けた目標と取組み1
目標
災害に強い地域づくり、環境へ配慮した施工
主な取組み
3Rの徹底…グリーン購入、型枠等の再利用、廃棄物の削減及びリサイクル
災害への対応…災害に強い高品質・頑丈な国土づくり、災害時の迅速な対応
地域への配慮…地域住民、自然環境に配慮した施工
SDGsに向けた目標と取組み2
目標
ボランティア活動の推進
主な取組み
海外ボランティア(フィリピンへの物資の提供)、アルミ缶の寄付(福祉事業への寄付)、地域清掃、除雪活動
SDGsに向けた目標と取組み3
目標
働きやすい職場環境の整備
主な取組み
人材育成(資格取得支援)、法を上回る休暇制度(育児、介護休暇制度など)、ICT技術の活用による業務の効率化、若手・女性の活躍の場を創出